ストレートとカラーを同時にやっちゃう。

気づけば夏も終わりですね

どころではなく!

今年の終わりが手招きしております(ToT)

少し前の施術になりますが、ちょっとだけさらっておきます

BEFOREですね

↓↓↓

オーマイガー、オーマイガー、オーマイガー

見ていただくと、半分くらいで色が違うのが分かるかと思います

履歴はというと、上半分はブリーチ1回とカラー2回くらい

下半分はブリーチ2〜3回とカラーやストパーの履歴

(私の記憶が正しければ…らしいですけどね)

あとは巻いたり、スプレーしたりなどのダメージ

最後のが意外と大きいのではないかと思っていますが

何せ、とりあえず色は暗めにしたい

&クセで広がるのを何とかしたい

写真ではまだマシそうに見えますが、中のクセは結構あり〼

どうしてもストレートしないといけない程ではないのですが

毛先にストレートの履歴があるのが良くなくて…

毛先が真っ直ぐに対して上が広がるクセ

ボリューミーで膨らんで頭が大きく見えてしまうというのは不可避

このダメージだと自分から勧める事はないのですが

ご希望もありましたので

「やらなきゃ意味ないよ」

alt="やらなきゃ意味ないよ"

という事でストレートとカラーやりました

同時にするので長時間は必至

が、なるべく早く終わらせたいのは当然

という事でストレートの定着をカラーでさせるという方法を取ります

ストレートの工程をザックリ言うと

1剤塗布→流す→乾かしてアイロン→2液塗布→流す

という感じで、カラーは

カラー塗布→流す (と、ご存知の通り)

単純にこの2つを同時にするとなるとストレート+カラーの時間なわけですが

時短のため、ストレートの2液塗布をカラー塗布で代用しようと

そうする事で30分近くは時短できます

少々荒っぽいのかもしれませんが、成分を理解していれば大丈夫

(過水%下げたりとか色々調整はするんですよ)

(そんなこんなでスピエラは使えません)

(とはいえ中性領域くらいは)

(あまり意味のない薬機法も一応気にしつつ)

そんなこんなでいきなりAFTER

↓↓↓

alt="ストレート"

途中撮り忘れてすっかり巻かれちゃってますが

ダメージと時間を最小限にした施術でした

少しのご参考までに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする