Rカラーはじめました。

巷で話題の

R(アール)

ちょっと入れてみました

お店で仕入れてもらっても良かったのですが

仕入先の関係と説明するのが面倒くさくなったので

自腹で買いました(生粋の損するタイプだと我ながら思ってます)

説明は“Rカラー”とかで検索すれば出てくると思いますので割愛します

やっぱり一応貼っときます↓

何せ、ダメージを減らしつつカラーが出来ると言う代物

欧米人が何回もブリーチしても傷んでないように見える

髪質だけの問題だけじゃなくて、こういった類の物のおかげもあるようで

なぜ今まで日本になかったかと言うと

法律上の問題です(多分)

薬事法、今でいう薬機法と言うやつですね

規制緩和、法改正により割と最近から日本で使用可となりました(多分)

似たような物としてはブリーチサプリやファイバープレックス

聞いた事ありますかね

ブリーチのダメージ95%カット!

みたいな衝撃のキャッチコピーもありました

まあ、そこらへんはノーコメントを貫かせて頂きます

ブリーチのダメージ95%カット?ブリーチだけなの?

Rは何が違うかと言うとブリーチだけじゃないという事

そう、カラーにも使えるんですね

あまりやらないですが、中間処理は有効だと思っていました

カラーの薬剤が入口を開いて、そのタイミングで補修する物が入る

理にかなっていますよね

ワーワー言うとりますが、早速やってみたのを見てみましょう

モデルは髪型何でも来いのウチの大オーナー

少々奇抜でも大丈夫と言う頼もしい許可を得たので、思いつくままやってやろうと思いましたが

大オーナー様
あっ、でもあんまりやりすぎたら小柳ルミ子みたいになるかな
シバタ
あ〜、確かに
シバタ
あっ、やっべここ否定する所だった

お世辞と言う大切な機能が欠如している自分を再確認しつつ

Rカラー

↑これを使ってと

Rカラー

まずはこう

何年やっててもブリーチしただけの直後は心配になります(笑)

って事はお客様はもっとでしょうね

からのドーン

Rカラー

Rカラー

良い感じですよね

派手さがなくなってちょっと残念そうでしたが…

手触りもブリーチした後とは思えないくらい良好

もちろん、ダメージがゼロなんて事はありません

「カラーする以上、ダメージは必ずついてくる」

これが現在の現実です

が、なるべくそれに近づける事が出来る可能性のあるアイテムかなと思いました

通常のカラーに+¥1080で付ける事が出来ます

オススメですよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする